一戸建て住宅VS集合住宅
一戸建て住宅VS集合住宅

 
集合住宅の魅力

集合住宅の魅力としては、やはり高所に住むことができるという点にあります。一戸建て住宅の場合は、高くても3階までが限界で、普通の一般的な家庭だと2階までしかないのが特徴となっています。そのため、やはりマンションやアパートのような高さはありません。大都会などで住む場合は、高いところに住みたいと思っている方も多いため、高所での生活が送れるというのは魅力も大きいでしょう。

また、集合住宅の場合は管理会社などがいるのも特徴です。一戸建て住宅は自分がオーナーとなって管理していくことが必要ですが、集合住宅はすでに管理会社などが管理してくれている場合があります。その場合は、管理の多くを任せてしまうことができるので、それも生活の中では楽な点だと言えるのです。

少し気を使うものの集合住宅によっては自由に暮らせる場所も多いですし、近年はより生活スタイルに合わせた部屋なども増えていて選びやすいです。一戸建て住宅での暮らしが夢のマイホームと言われてきたのは昔の話で、近年はマンションやアパートを買って夢のマイホームにしている方もいます。どちらも正解ということはないので、自分たちにとって最適な家だと思う方を選んでいくことが重要となります。